卒業生の声

[06] 2006/04/01 第6回は、マニュアル教習を受けられた青木さんにインタビューしてきました。 世田谷自動車学校卒業/青木 麻理子さん
ホームページへ

アクセル踏んで、
あー私でも動くんだって思いました。
それが最初車を運転したときの感想です。

教習所の思い出

大学が近くで、授業の空き時間を有効に使えるので、ここを選びました。 実技はうまくいったのですが、学科は何回も落ちました。 免許を取ろうと思ったきっかけは就職活動の履歴書にかけるという単純な理由で通い始めたんです。 実は私、車に乗るとすぐに寝てしまうので、運転は向いていないかななんて思ってたんですけど、 教習はとても面白く寝てしまうなんてことはもちろんまったく無かったです。 私は色々な指導員の方に教わるのがいいので、ここのグループ教習では同じ指導員にもあたるのですが、 私の場合は色々な指導員に当たるのがよかったですね。

初めての路上が環状8号線でしたので、びっくりでしたけど、 隣に指導員のかたがいたので安心でした。私マニュアル教習をうけたんですよ。 実家の車がマニュアルだからというのもあるんですけど、周りの人からは驚かれます。 それで、車を買うときは、大きな車で、かっこいいと言われたいですね。 車はマニュアルですよとみんなに言いたいですね、それもあって今は車にも興味がわいています。

私、水泳をしているので、選手を続けるのは難しくても、 将来は水着の開発に関わるような仕事をしたいと思っています。

これからここで教習を受けようと思っている人に一言

ここの指導員はみんなフレンドリーなので、緊張しないで楽しみながら教習を受けられると思います。