教官ご紹介

[05] 2006/03/01 第5回は、都営新宿線瑞江駅前に立地する今井自動車教習所の湯沢指導員にインタビューしてきました。 今井自動車教習所/湯沢指導員
ホームページへ

うちの校舎はガラス張りの建物で、
非常に開放感があります。
これはお客様をいつでも迎え入れる
という気持ちからなんです。

私の勤める教習所

私たちの教習所では常にお客様をお迎えするという姿勢をモットーとしています。カリキュラム構成は責任教習をベースに、グループ教習といわれる方式により実施しています。指導員を4つのグループに分けて教習することで個々のお客様の特徴がよくわかり、お客様からも同じ指導員から教わることで、分かってもらっているというところから安心感が生まれると思います。コースは非常に広いので、割と運転しやすいと思います。春には桜も咲き少しはお客様に安らぎを与えられますね。もっともお客様にとってはそんな余裕はないかと思いますが。
地域とのかかわりとして、他の教習所でもやられているとは思いますが、交通安全運動の一環としてコースを開放しての行事なども行っています。その中には小学生を対象にしたものから、シニアを対象にしたものまで幅広く、卒業生にはご案内状などを送って積極的に呼びかけをしています。

教官としての私

この仕事への転職のきっかけは、車が好きだったこともあったんですが、 好きであるからと教えることはそこに大きなひらきがあり、初めは戸惑いましたが、 その中で私なりに教習課程を通じて学んできたことは、 どこまでの許容力を持って指導を行えるかでした。 今後もより一層許容力を広げて、訪れる方々全てに対して教習所のモットーのお迎えする姿勢を持てるよう頑張っていきたいと思っています。