教官ご紹介

[11] 2006/10/01 第11回は、2輪から大型特殊まで幅広い君津モータースクールの重田指導員にインタビューしてきました。 君津モータースクール/重田指導員
ホームページへ

生徒さんがしてもらいたい教習ができる、
かゆいところに手が届く教習を
目指しています。

私の勤める教習所

私はこの教習所で18才の時に免許を取ったんです。その時に、指導員になりたいなと思いました。それから3年経って指導員になったわけです。やりたい仕事に就けたのはとても幸せですね。
指導員は40才から50才のベテランと20才台がバランスよく半々です。
車種も幅広く、2輪のオートマや大型、普通免許、大型免許、大型特殊まで。
特に大型2輪は他であまりやっていないので、口コミもあり1時間かけて通ってくる生徒さんもいらっしゃいます。2輪の生徒さんはツーリング仲間などの口コミが多いようです。
評判を聞いて来て頂けるのは指導員としてとてもうれしいですね。
2輪の走行会を定期的に行っています。免許を考えている方や、すでに持っている方など大勢の方にお越しいただいています。

指導員としての私

指導員は一方的に教えることがどうしても多くなると思うんです。この時間はこれを教えてと、カリキュラムが決まっていますから仕方ない部分もあります。生徒さんが今、一番教えてもらいたいことを話の中からうまく引き出し、また経験上からみて今これが必要、これを教習しておかないと先に進んでから苦労するなというところを早く見つけることが大事ですね。
かゆいところに手が届く教習、生徒さんがしたいなと思ったことを教習できれば、より一生懸命になると思うんです。いつも全員で心がけています。