よくあるご質問

満18歳・満16歳になっていなくても入所できますか?
普通車(AT/MT)・・・原則として18歳になってからの入所となりますが、修了検定の日までに18歳の誕生日を迎えられれば入所可能です。
普通自動二輪・・・原則として16歳になってからの入所となりますが、卒業検定の日までに16歳の誕生日を迎えられれば入所可能です。
詳しい入所資格の内容は<こちら>をご確認ください。
入所にはどんなものが必要でしょうか?
【入所申し込み時に必要なもの】
 ・印鑑 ・教習料金
【入所日にご提出いただくもの】
 ・免許証もしくは本籍地の記載してある住民票の写し・教習料金
 ・写真5枚(3×2.4cm)

※あくまでも一例です。教習所によって多少違いがございますので、各窓口でお問い合せください。
どんな服装で行ったらいいのでしょうか?
基本的にはご自由ですが、教習の妨げになるようなものは避けてください。(例えば、厚底グツ・ハイヒール・下駄・サンダル・和服など)
二輪の教習は長袖・長ズボンを着用ください。
送迎バスはありますか?
各教習所で無料送迎バスが運行されています。ルート・時間につきましては、各教習所の案内をご確認ください。
ATとMTの違いがわかりません。
ATとはオートマチック車のことで、ギアが自動的に変わるものです。MTとはミッション車のことで、ギアを手動で変えるものでクラッチ操作が伴います。一般的にはやや楽に免許が取りやすいのがAT車です。また、AT免許をMT車に変える「限定解除」というものもあります。最近は大多数の車がAT車となり、AT車で入所される方が多くなっています。
住民票が実家のままになっていますが、特に問題はありませんか?
住民登録していない都道府県の教習所でも入学・卒業ができます。しかし、教習所で卒業検定に合格し「卒業証明書」が交付された後の最後の本免(学科)試験は、住民登録してある地区の試験場で受けなければなりません。希望の地区で受験するには、あらかじめ住民票を移しておいた方が良いでしょう。
卒業したらすぐに免許証をもらえるのですか?
卒業証明書の有効期間は1年間ですので、なるべく早めに免許センターへ行って学科試験を受けてください。合格したら免許証が交付されます。
給付金制度を利用して普通免許を取得できますか?
普通免許は対象となりません。 教育訓練給付金講座は指定をうけた21コースのみ、対象は「フォークリフト・移動式クレーン・小型移動式クレーン・大型自動車・大型特殊・けん引」です。また、大型・大特・けん引のみでは給付金の支給対象となりません。
修了検定に合格したら、いつまでに仮免許学科試験に合格すればよいですか?
修了検定の合格期限は3ケ月間です。この期間内に仮免許学科試験に合格しなければ合格が無効になります。この場合、修了検定を再受検しなければなりません。合格後は早めに仮免許学科試験を受験するようにしてください。
仮免許証の有効期限はありますか?
仮免許証の交付日から6ケ月間です。
全ての教習が修了したら、いつまでに卒業検定を受ければよいですか?
全教習が修了してから3ケ月以内に卒業検定に合格しないと全ての教習が無効になります。期間を空けずに卒業検定を受けてください。